制服まとめ
地域住民が答案に丸付けも 学校運営に協力、教員負担減へ : 京都新聞 閉校の小学校、別れの人文字 全校児童でドローン撮影 : 京都新聞
東京朝鮮中高級学校が公開授業 民族教育ありのまま見て : 京都新聞 「小学校卒業まで9年間しゃべらなかった」 書店主が自伝的絵本 : 京都新聞
麻生氏演説「人の税金で大学に」 東大出身市長を批判 : 京都新聞 愛媛県知事選の投票始まる 現職と2新人の争い : 京都新聞
「迷いながらでも伝える」 滋賀で全国人権・同和教育研究大会 : 京都新聞 日ハム選手らが子どもたちと交流 北海道、「被災地に元気を」 : 京都新聞
愛媛県知事に中村時広氏3選 2新人との争い制す : 京都新聞 アパレル売れ残り焼かずに生かす 「服ロス」削減の工夫   : 京都新聞
頭に死球受け野球部員死亡、熊本 春の甲子園、21世紀枠推薦校 : 京都新聞 いじめ防止対応、まず学校 被害生徒の父ら法改正要望 : 京都新聞
地域住民が答案に丸付けも 学校運営に協力、教員負担減へ : 京都新聞
振り返り学習で、答案の丸付けをする地域住民。生徒も住民が教室に入ることに慣れている(精華町南稲八妻・精華中)
振り返り学習で、答案の丸付けをする地域住民。生徒も住民が教室に入ることに慣れている(精華町南稲八妻・精華中)

 京都府教育委員会が本年度から、地域住民が学校の運営に協力する「コミュニティ・スクール」の発足支援に力を入れている。すでに導入した学校では住民が学校運営を支え、教員の負担軽減にもつながっている。ただ、京都市を除く府内の発足率は1割超にとどまっており、紹介冊子の作成などで普及を図る。

 「はい、オッケー」。今月上旬、京都府精華町の精華中で放課後に行われた1年生の振り返り学習。主婦や元教員ら地域住民5人が答案の丸付けや生徒へのアドバイスをし、教諭は生徒への指導に集中していた。

 同中では07年度から地域住民と一体になった運営を始めた。学校運営協議会の下に設けたコミュニティ協議会が学校を支援。平日に校内の一室を使って生涯学習講座「シニアスクール」を開くほか、住民が振り返り学習で丸付けをしたり、家庭科の授業で補助をしたりするなど、授業や行事で協力している。

 深田守校長は「日常的に住民が校内におり、生徒も住民を案内するなど良い関係ができている。教員の負担の軽減にもなり、生徒に直接指導する時間も増える」と効果を語る。

 コミュニティ・スクールは、市町村教委の規則に基づき、住民や保護者が参加する「学校運営協議会」を設置した学校。地域住民側は常設の組織を設けるなどして、体験活動や登下校の見守りなどをサポートする。学校と地域が継続的に情報を共有し、多様な活動を展開できる利点がある。

 だが、府内(京都市を除く)のコミュニティ・スクール導入校は、4月現在で全体の14%にあたる43校(小学校33校、中学校10校)のみ。京都市は小学校が全校、中学校は約8割で導入するほか、城陽市と久御山町、伊根町は全小中学校で設置済みだが、「導入すれば何ができるか理解が進んでいない」(府教委)こともあって普及が遅れているという。

 ただ、2017年3月には地方教育行政法が改正され、設置が各教委の努力義務になった。このため府教委は本年度から普及に本腰を入れており、10月には導入校の事例や利点を紹介する冊子(A4判、4ページ)を千部作成して、各市町村や学校に配布。年明けには各市町村教委を対象にした説明会を開いて、導入校を増やしていく計画だ。

 府教委は「導入すれば、子どもは地域に育てられているとの安心感があり、住民も子どもの成長を感じることが生きがいになる。より多くの自治体に広めたい」としている。

人口減、中学校給食争点に 京都・亀岡市議選告示まで1カ月 : 京都新聞 公立高校入試後期選抜の合格者発表
飲食店2軒で飲酒後運転、居眠り事故 小学校教諭を懲戒免職 : 京都新聞 小4女児死亡、千葉県児相が陳謝 保護解除後に自宅訪問せず : 京都新聞
新しい一歩ふみ出す、飯田ゆめみらい入学生21人
図書館に自習スペースやカフェ設置を 市民と意見交換 : 京都新聞 飯伊各地で衣替え
「政治関心ない」54% 滋賀の高2調査、10代投票率も低下 : 京都新聞 「子の力信じてあげて」書家金澤さんの母講演 京都・舞鶴 : 京都新聞
小3次女平手打ちの疑いで母逮捕 「よくたたかれる」通報 : 京都新聞 神奈川の小5不登校、いじめ認定 第三者委調査、担任対応に問題 : 京都新聞
ゆめみらいICTカレッジで卒業式 阿智と平谷の4スキー場がオープン
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧