制服まとめ
模型で知る地域の環境

=工事現場を訪れ配管体験=

【東近江】八日市西小学校6年生(46人)の児童がこのほど、地域環境を知る学習の一環として、学校近くの道路の整備工事現場を訪れた。
 見学したのは下羽田市辺線補助道路整備工事の現場で、工事を手がける株式会社向茂組は、道路整備とともに行う農業用管水路工事のパイプ組み立てを児童に体験してもらおうと、模型のセットを製作した。水の入った大きなタンクを永源寺ダムに見立て、田んぼに水が流れ込むまでの農業用管水路の仕組みを伝えた。
 児童らは、田んぼまでスムーズに水が流れるよう、友だちと協力しながら地形にあった長さや形の異なるパイプを組み合わせるなど、体験を通して地域の環境整備を学んでいた。
 見学の後は、防災事業を展開するNPO法人CESAのもと、災害時の危機管理能力を養うカードゲームを体験し、防災や減災についても学習した。


泰阜村でロードレース大会 雨にも負けず1000人
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧