制服まとめ
遠山の霜月祭りが幕開け 飯田病院陸上部が松川中で走力強化講習
松川町少年少女消防クラブの結成式 阿智中3年生が村長と語る会
下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ 大鹿村の迂回ルートで公害調停へ
飯田南バイパスの3ルート帯案示される 起業家ビジネスプランコンペ最終審査
県議選 現職小島氏が出馬表明 「地域の自治の力伸ばす」 干し柿の販売が好調 泰阜村ヌーベルファーム 加工施設で生産本格化
「おいしくできたよ」 浜井場小2年生が赤飯まんじゅう作り OIDE長姫高の3人が全国製図コンで入賞
遠山の霜月祭りが幕開け

釜の湯を素手で払う大天狗(飯田市南信濃の熊野神社)

 飯田市上村、南信濃に伝わる「遠山の霜月祭り」(国重要無形民俗文化財)が1日始まった。今年は3神社で幕開けし、15日まで計9カ所の神社で繰り広げられる。

 担い手が少なくなる中、祭りの継続を目指して日程を変更したり、他地区からの「助っ人」や女性の参加も多いとされる今年。

 これまで12月第1日曜日だったのを、若手が参加しやすいようにと第1土曜日に変更した南信濃小道木の熊野神社は、舞殿の中央にあるかまどに設けられた二口の湯釜を囲い、笛や太鼓に合わせてさまざまな踊りを繰り返した。

 地元遠山中学校の生徒たちは祭りに参加するようになって3年目。この日は「四つ舞」を披露した。午後11時すぎ、「火の王」の大天狗(てんぐ)が登場して祭りは最高潮に。「一の釜」の湯を素手ではねかけると、集まった約100人の見物客から歓声が上がった。

 若手の中心的役割を担った平澤一也さん(35)は、若者が祭りに参加しやすいようにと土曜日開催を要望する嘆願書を作り、同神社の鎌倉博登司(ひろとし)禰宜(ねぎ)(79)に手渡した。

 「翌日が日曜日だと祭りの時間が遅れても安心でき、片付けにも加われる。子どもも例年より多く参加してくれて良かった」と平澤さん。鎌倉さんも「曜日変更には検討が必要だったが、高齢者と若い人が調和して後世に残していくことができれば」と話した。

 同祭りは、鎌倉時代に伝えられた宮廷の湯立て神楽に、かつて遠山郷を支配した領主で一揆によって滅びたとされる遠山土佐守一族の死霊を慰める鎮魂の儀式が後に伝わり、独自の形式で伝承されている。「霜月」の名称は旧暦の11月に行われることに由来し、年間を通じて最も日照時間が短くなる時期に神々を招いて祈りを捧げることで「万物に再び生命が蘇る」と信じられている。

  
松尾小学校で土俵開き 相撲を通して「まけるな」 平昌冬季パラ、18日に閉幕 前回ソチ上回るメダル9個 : 京都新聞
泰阜村のあんじゃね学校が森遊び体験
来年度予算子育て教育環境重点配分へ 岡谷市 児童と「安心の家」不審者対応訓練 岡谷
旭ケ丘中学校で学習発表会
加計理事長、入学式であいさつ 「新設に関して心配を掛けた」 : 京都新聞 法人の関西大学に2回目是正勧告 小中高教員に違法残業 : 京都新聞
小学校と一緒に学ぶ「浪合学校」の取り組み 松澤宥の業績顕彰 下諏訪で「松フェス」
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧