制服まとめ
伝承文化と復興 根羽村が新たな義務教育学校導入へ
危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ 地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁
来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作 茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携
松川町3小中学校でコスタリカ料理給食 転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会
「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり 学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳
半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行 音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中
伊賀良小学校でリンゴの収穫祭開く

金管バンドの演奏でリンゴ収穫祝う

 国道153号アップルロードと中央道飯田インターチェンジ内のリンゴの収穫祭が3日、飯田市立伊賀良小学校で開かれた。児童900人余と地元の愛護会、国土交通省飯田国道事務所やネクスコ中日本など関係者が参加。金管バンドの演奏などを通じ、地域の皆で育てたおいしいリンゴの収穫に感謝した。

 今年も2月のせん定から12回の消毒、2回の摘果作業を行い、4~6年生も3回の草取りを行った。今年は台風で数本の木が倒れるなどしたが、11月27日の収穫作業では約3000個が収穫でき、児童が1人2個ずつを持ち帰った。

 アップルロードいいだ愛護会長の今牧英明・伊賀良まちづくり協議会長は、リンゴの苗木を植えてから31年、27回目を迎える収穫祭の歩みを振り返り「アップルロードのリンゴが、市街地のりんご並木のように有名になってほしい」と願った。

 飯田国道事務所の上原繁一副所長とネクスコ中日本飯田保全・サービスセンターの藤岡一頼所長のあいさつに続き、伊賀良小金管バンドが「サンタクロースがやってくる」を演奏した。

 児童の報告のうち、6年の木下ひなたさん(11)は「私たちは少し草取りをしただけだけど、蜜の入ったおいしいリンゴができたのは地域の皆さんが大切に育ててくれたおかげ。通るたびに伊賀良にリンゴがあることを感じたい」と話した。また、6年の木下源都君(12)は「収穫作業では丁寧に取り方を教えてくれてありがとう」と感謝した。

  
施設利用者と南比都佐小5、6年生 ふるさと竜王の紙芝居を絵本に
車上荒らしで校外学習延期 過剰反応?慎重な判断? : 京都新聞 「子どもいじめ防止条例」大津市議会、賛成多数で可決
柳瀬氏、23日参考人招致 予算委集中で自民方針 : 京都新聞 遺棄場所探し2千キロ移動か 専門学校生殺害容疑の男 : 京都新聞
わんぱく相撲県代表 中路融人記念館が開館 近江商人博物館
「作って作って、たくさん挑戦!」飯田女子高文芸クラブ 改ざん文書、検査院法違反を示唆 財務省の提出について衆院で答弁 : 京都新聞
風越高で卒業生が社会の厳しさ講義 7月25日は「はんだ付けの日」はんだ付け検定にチャレンジ
かぐらの湯がランク1位を感謝 「飯田は一つ」と学習会も 森友学園、籠池夫妻の保釈決定 保証金は計1500万円 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧