制服まとめ
伊賀良小学校でリンゴの収穫祭開く 竜丘小学校でラーメン大会開く
売木小学校の田んぼスケートリンク 部活の延長としての社会体育廃止 中学校運動系で方針案 飯田市教委
小学校と一緒に学ぶ「浪合学校」の取り組み 美博で子ども美術学校展を開催中
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 鼎小学校で火災発生 児童用トイレから出火 全員の無事確認
松川町3小中学校でコスタリカ料理給食 2018年09月19日付
豊田小5年生 松本山雅の鐵戸さんと稲刈り 高校改革の実施方針決定 県教委
伊賀良小学校でリンゴの収穫祭開く

金管バンドの演奏でリンゴ収穫祝う

 国道153号アップルロードと中央道飯田インターチェンジ内のリンゴの収穫祭が3日、飯田市立伊賀良小学校で開かれた。児童900人余と地元の愛護会、国土交通省飯田国道事務所やネクスコ中日本など関係者が参加。金管バンドの演奏などを通じ、地域の皆で育てたおいしいリンゴの収穫に感謝した。

 今年も2月のせん定から12回の消毒、2回の摘果作業を行い、4~6年生も3回の草取りを行った。今年は台風で数本の木が倒れるなどしたが、11月27日の収穫作業では約3000個が収穫でき、児童が1人2個ずつを持ち帰った。

 アップルロードいいだ愛護会長の今牧英明・伊賀良まちづくり協議会長は、リンゴの苗木を植えてから31年、27回目を迎える収穫祭の歩みを振り返り「アップルロードのリンゴが、市街地のりんご並木のように有名になってほしい」と願った。

 飯田国道事務所の上原繁一副所長とネクスコ中日本飯田保全・サービスセンターの藤岡一頼所長のあいさつに続き、伊賀良小金管バンドが「サンタクロースがやってくる」を演奏した。

 児童の報告のうち、6年の木下ひなたさん(11)は「私たちは少し草取りをしただけだけど、蜜の入ったおいしいリンゴができたのは地域の皆さんが大切に育ててくれたおかげ。通るたびに伊賀良にリンゴがあることを感じたい」と話した。また、6年の木下源都君(12)は「収穫作業では丁寧に取り方を教えてくれてありがとう」と感謝した。

  
支援学校生徒3人に体罰 広島、教諭を減給処分 : 京都新聞
相撲の指導で部員にセクハラ 静岡の高校、OBの夫とその妻 : 京都新聞
社説:佐川氏証人喚問 疑念はさらに深まった : 京都新聞
HIV感染、発症前に発見を 治療進歩、他人への感染防止 : 京都新聞
霧ケ峰の魅力を紙芝居に 自然や人物紹介 子ども20人にわいせつ疑い キャンプ引率、就寝時間帯 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧