制服まとめ
AIが児童の喜びや怒り分析、小中学校でNECなどが実証実験  : 京都新聞 部活指導員、教員免許なしでも可能に 補助金条件緩和へ : 京都新聞
オートバイ高校生2人死亡、福岡 無免許運転で車と衝突 : 京都新聞 教員残業「月45時間以内」 働き方指針、罰則はなし : 京都新聞
教員の残業上限案で意見公募 文科省、実効性確保へ指摘も : 京都新聞 女子高生に体液かけた疑い教育委員会職員を起訴 京都地検 : 京都新聞
「音楽授業苦手だった」告白も 「くるり」岸田さん母校で授業 : 京都新聞 森友訴訟、財務局職員へ証人尋問 情報開示「異例な点はない」 : 京都新聞
「将来的に中学給食」撤回 「話が違う」市会委の議論紛糾 : 京都新聞 「おしりたんてい」で京都移転PR 小学校などに文化庁ポスター : 京都新聞
危険ブロック塀撤去促進、国交省 補助拡充、通学路に重点 : 京都新聞 給食甲子園、兵庫のセンターがV 第13回決勝大会 : 京都新聞
AIが児童の喜びや怒り分析、小中学校でNECなどが実証実験  : 京都新聞
10月に加茂川中でシステムを試験的に導入して行われた授業の様子。机の中央にある黒い筒が生徒の音声を拾うマイク(京都市北区)=NEC提供
10月に加茂川中でシステムを試験的に導入して行われた授業の様子。机の中央にある黒い筒が生徒の音声を拾うマイク(京都市北区)=NEC提供

 京都市教育委員会とNEC、京都大学術情報メディアセンターは5日、人工知能(AI)を授業改善に導入する実証研究を、来年1月から市内の小中学校2校で始めると発表した。班ごとに分かれて議論する際にAIが発言内容をリアルタイムに文字にし、指導の見直しや学習支援につなげる。2年間行う予定で、研究成果を他校にも広げる。

 研究は、下京区の七条第三小と北区の加茂川中で行う。授業で班別の議論を行う際、児童や教員らの発言をマイクで取得し、教員のタブレット端末にほぼ同時に表示する。声色から喜びや怒りなど5種類の感情を分析できるという。教員はデータを授業中に活用したり、子どもの学習状況の把握に役立てたりする。

 このほか、タブレット端末でデジタル教科書を使う際、どれだけ長く見ているかで児童らの習熟状況を分析する研究なども行う。

 NECは自社開発したAI搭載のシステムを提供し、メディアセンターは授業中にどのような情報を集めれば授業の改善に有効かなどを調べる。

 昨年示された新学習指導要領は、主体的、対話的で深い学びを重視しているため、議論型の授業は今後増えると予想されている。市教委は「複数班で同時に行われる議論の過程を教員が把握、評価するのは難しく、内容を可視化できれば議論の活性化に向けた助言や発言の少ない子どものフォローがしやすくなる」と話す。

飯田広域消防本部が耐火建物の消防訓練 下久堅小6年生が和紙の紙すき体験
中2自殺、元同級生側に賠償命令 大津地裁「いじめが原因」 : 京都新聞 「遠山の霜月祭り」開幕 湯切りで八百万の神々招く
飯伊14市町村で放射線量測定 千栄小4年生が炭焼き窯でピザ焼き
菱田春草「虎ノ図」を美博へ寄託 OIDE高 エコカーレース優勝、原動機部が他を圧倒
阿南高校で吹奏楽部がコンサート タカラ創業者の佐藤安太氏が死去 「リカちゃん」「人生ゲーム」 : 京都新聞
AIが児童の喜びや怒り分析、小中学校でNECなどが実証実験  : 京都新聞 ふる里就職の集い飯田を開催
小学校で義足体験授業、東京パラ サッカー中田氏ゲスト参加 : 京都新聞 死亡女児の父、職場では別の顔 穏やか、怒るところ見せず : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧