制服まとめ
飯田病院陸上部が松川中で走力強化講習 松川町少年少女消防クラブの結成式
阿智中3年生が村長と語る会 下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ
大鹿村の迂回ルートで公害調停へ 飯田南バイパスの3ルート帯案示される
起業家ビジネスプランコンペ最終審査 県議選 現職小島氏が出馬表明 「地域の自治の力伸ばす」
干し柿の販売が好調 泰阜村ヌーベルファーム 加工施設で生産本格化 「おいしくできたよ」 浜井場小2年生が赤飯まんじゅう作り
OIDE長姫高の3人が全国製図コンで入賞 バレーボール100個を寄贈 飯伊の高校からアフリカに
飯田病院陸上部が松川中で走力強化講習

トレーニングを実践する生徒ら

 飯田病院陸上部とフィットネスクラブ丘の上は4日、松川中学校サッカー部を対象に「現役アスリートによる体力&走力強化講習」を開いた。同部の中野直哉さん(24)=400メートルH=と同クラブの平澤侑也健康運動指導士(23)が講師を務め、速く走るため、長く走り続けるために大切な走り方や、走力を強化するための練習方法などを伝えた。

 今年の中体連長野県大会で準優勝し、北信越大会ではベスト8に入った松川中サッカー部。冬場の効果的なトレーニングによりさらに上を目指そうと、保護者会が中心となり、同院陸上部に講師を依頼した。

 この日は、1、2年生をはじめ、高校進学後もサッカーを続けたい3年生ら18人が参加。速く走るための姿勢や地面のけり方、腕の振り方などについて学んだ。

 中野さんは「サッカーは速く走る力、長く走る力の両方が求められる。トレーニングも速く走るためのもの、長く走るためのものと、きちんと分けて実施することが大切」などとアドバイス。体に負荷をかけるサーキットトレーニングを実践しながら、効果的なトレーニング方法を伝えた。

 キャプテンの大場陽渡さん(14)は「サーキットトレーニングはとてもきつかったけど、走り方などとても勉強になった。しっかりと練習に生かしていきたい」と力を込めた。

  
県内小中学校教職員 超過勤務が減少傾向
二十歳の飛躍誓う 南箕輪村と中川村で成人式 子ども美術学校作品展
いじめボス役で金髪も挑戦 大谷凜香が女優デビュー : 京都新聞
JICA セルビアに初の協力隊 南信州新聞社が募集した義援物資を大曲小学校へ
山田洋次監督「母と暮せば」12日公開 杵原学校再び映画に
根羽村が新たな義務教育学校導入へ
中学給食、自治体で事情さまざま 全国では増加傾向 : 京都新聞 学校再編基本計画案 諏訪市教委
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧