制服まとめ
手紙の良さ知って 小中学校などに年賀状寄贈 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ 学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳
磐田市の特産物で給食 駒ケ根の小中学校 県内小中学校教職員 超過勤務が減少傾向
学校とスポーツに焦点 諏訪湖博物館で企画展 危険運転成立せずと弁護側、大阪 5人死傷重機事故、初公判 : 京都新聞
雪不足で見通し立たず…丹後スキー大会中止 京都 : 京都新聞 柳瀬氏、NTT系の社外取締役に 加計問題で追及の元首相秘書官 : 京都新聞
日本画家の堀文子さんが死去 絵本でも人気、100歳 : 京都新聞 コラム凡語:一般教書演説 : 京都新聞
手紙の良さ知って 小中学校などに年賀状寄贈

井出校長に年賀状を贈る須賀岡谷天竜町郵便局長(右) 岡谷市内の7郵便局は、自分の気持ちを文字にして伝える手紙の楽しみや喜びを体験してもらうため、趣旨に理解のあった市内の7小中学校と児童養護施設つつじが丘学園に年賀状を寄贈する。4日には岡谷天竜町郵便局(須賀治局長)が岡谷田中小学校に約240枚を届けた。同校では1、2年生に年賀状を通じて手紙(はがき)の書き方やマナーなどを学んでもらう。 日本郵便が2010年から全国で実施している手紙文化振興支援企画「サンキュー年賀」の一環。岡谷市内では初めての実施で、市内の26事業所の協賛を得て、6小学校と1中学校、つつじが丘学園の児童生徒に1人2枚、合わせて2160枚を贈る。全校で参加するのは小井川小学校1校で、学校側の考えで対象は低学年の場合も高学年の場合もある。 須賀局長から年賀状を贈られた岡谷田中小の井出誠一校長は、「IT時代で手紙やはがきを出す機会が少ない。児童たちには低学年のうちに、言葉を文字にして相手に伝えることの大切さを知ってほしい。手紙の書き方やマナーなどを学ぶ機会になれば」と期待を込めていた。 同校以外の該当校には、週内にそれぞれ地元の郵便局が年賀状を贈る予定。須賀局長は「手紙の差し出し数は減少している。小中学校の時から、相手に気持ちを伝える手紙の良さに親しんでもらえれば」と話していた。
根羽中で自炊弁当の日 北部5町村議会が研修会開く
夏本番に向け衣替えシーズン 天龍小 みどりの少年団が駒打ちや巣箱づくり
職業訓練校の技能展に800点 多彩な技の結晶一堂に 阿智村共同調理場がブラジル料理を給食に
橋北イルミネーションフェスティバル 豊丘北小が文科大臣賞を受賞
小学校給食棟で火災、大阪 児童40人体調不良 : 京都新聞 飯伊地区包括医療協議会が「医師等確保対策委員会」設置
寄贈された炭も混入、ことし最後の並木作業 教職員のいじめに適切対応を要請 山口・高2自殺で、被害者の会 : 京都新聞
松川東小 4年生が手作り臼で餅つき
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧