制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 いと基地に遊びにおいで!ふしぎな「いと」でつながる場
2019輝け!期待のアスリート 新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
避難所で女性転倒し脚骨折の重傷 台風24号、照明点灯なく : 京都新聞

 京都府綾部市で今年9月、台風24号のため中学校に避難していた女性が夜間に屋外の溝で転倒し、脚の骨を折る重傷を負っていたことが分かった。当時、中学校は指定避難所として市が管理していたが、現場付近の照明を点灯していなかった。市は、安全確保に不備があったとして女性に謝罪するとともに、治療費も負担するとしている。

 市などによると、9月30日午後8時ごろ、綾部中(同市宮代町)の体育館に避難していた60代の女性が、グラウンド端の屋外トイレに行く途中、排水溝(幅約40センチ、深さ約50センチ)に転倒。雨の中、溝から動けず倒れていたところを、心配した別の避難者が発見した。女性は右脚を骨折し、現在もリハビリ中という。

 女性は暗闇の中で誤って転倒したとみられ、排水溝の近くには照明が設置されていたが、点灯していなかった。市では、避難所の照明に関する規定を定めておらず、学校など各避難所の管理者と現場の市職員が判断して運用している。市は、来年の出水期前に開く避難所担当職員向けの会合で安全管理の徹底を図る方針で、「再発防止に努める」としている。

 事故を公表していなかったことについて市総務防災室は「台風による負傷ではない、施設内の事故の上、骨折と把握するのにも時間がかかった」としている。

培った技能成果を試す 県障害者技能競技大会 森友文書改ざん、与野党対立拡大 参院予算委、14日に集中審議 : 京都新聞
日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮 : 京都新聞 SNSやネットの危険性 理解深めて使う
長寿県、滋賀の地道な取り組み 平均寿命、男性1位 : 京都新聞 歌とホタルの観賞会 蛍ほのぼのコンサート
学校で拉致題材の映像活用を 政府、知事や教育長に通知 : 京都新聞 空き家リフォーム、移住へ「お試し住宅」完成 京都・舞鶴 : 京都新聞
公での発言困難「知って」 場面緘黙バー、当事者主催 : 京都新聞 加計理事長、愛媛で7日会見へ 県議会や知事が要望 : 京都新聞
昭恵夫人関連の「森友」新文書か 財務省が伝達、共産党追及 : 京都新聞 市保健・子育て支援センター着工 旧八日市南小学校跡地を活用
財務相「捜査に影響」、調査否定 森友文書の書き換え報道に : 京都新聞 米軍ヘリの窓落下事故から1年 普天間第二小、児童の避難続く : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧