制服まとめ
避難所で女性転倒し脚骨折の重傷 台風24号、照明点灯なく : 京都新聞 「大皿」けん玉164人連続成功、ギネス記録上回る  : 京都新聞
社説:特捜部が再逮捕 「人質司法」大いに疑問 : 京都新聞 沖縄ヘリ窓落下1年で全校集会 「外で思いきり遊びたい」 : 京都新聞
京都の高校生、京大チーム破り念願の頂点 橋模型コンテスト : 京都新聞 遺族がいじめ防止条例要請、新潟 内部通報や懲戒を : 京都新聞
久子さま、日韓交流を表彰 韓国文化院で : 京都新聞 体育の授業で後遺障害の訴え棄却 大津地裁 : 京都新聞
関西大が「子ども食堂」 堺キャンパスで朝食提供 : 京都新聞 東京医大理事11人が一斉辞任へ 不正入試で引責 : 京都新聞
社説:南海トラフ対策 自治体への配慮が要る : 京都新聞 全国学力テスト、初の英語実施へ 知識と活用一体的に出題 : 京都新聞
避難所で女性転倒し脚骨折の重傷 台風24号、照明点灯なく : 京都新聞

 京都府綾部市で今年9月、台風24号のため中学校に避難していた女性が夜間に屋外の溝で転倒し、脚の骨を折る重傷を負っていたことが分かった。当時、中学校は指定避難所として市が管理していたが、現場付近の照明を点灯していなかった。市は、安全確保に不備があったとして女性に謝罪するとともに、治療費も負担するとしている。

 市などによると、9月30日午後8時ごろ、綾部中(同市宮代町)の体育館に避難していた60代の女性が、グラウンド端の屋外トイレに行く途中、排水溝(幅約40センチ、深さ約50センチ)に転倒。雨の中、溝から動けず倒れていたところを、心配した別の避難者が発見した。女性は右脚を骨折し、現在もリハビリ中という。

 女性は暗闇の中で誤って転倒したとみられ、排水溝の近くには照明が設置されていたが、点灯していなかった。市では、避難所の照明に関する規定を定めておらず、学校など各避難所の管理者と現場の市職員が判断して運用している。市は、来年の出水期前に開く避難所担当職員向けの会合で安全管理の徹底を図る方針で、「再発防止に努める」としている。

 事故を公表していなかったことについて市総務防災室は「台風による負傷ではない、施設内の事故の上、骨折と把握するのにも時間がかかった」としている。

松川中生が町長と懇談~生徒視点で意見や要望 光り輝くデゴイチ登場、イルミネーションの点灯開始
南アルプス遠山口の開山式開く 高校生がプロから舞台照明学ぶ
「地元を全般に知って」飯田職安協会が企業説明会 泰阜駅伝
震度6弱の熊本・和水で学校被害 避難一時50人、新幹線は再開 : 京都新聞 ササユリ咲く山目指し 川路小が里山整備作業
小4女児死亡、検証委が初会合 児相対応など調査、千葉県 : 京都新聞 方言を身近な資料に「おおちことばかるた」完成
てんかんの影響改めて否定、大阪 5人死傷事故で被告人質問 : 京都新聞 竹宵まつり100万人のキャンドルナイトin南信州の実行委員会が総会
国産10番目のピアノがNHKで放映へ 龍江かるた大会で地域学ぶ
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧