制服まとめ
竜丘小学校でラーメン大会開く 売木小学校の田んぼスケートリンク
部活の延長としての社会体育廃止 中学校運動系で方針案 飯田市教委 小学校と一緒に学ぶ「浪合学校」の取り組み
美博で子ども美術学校展を開催中 根羽村が新たな義務教育学校導入へ
鼎小学校で火災発生 児童用トイレから出火 全員の無事確認 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
2018年09月19日付 豊田小5年生 松本山雅の鐵戸さんと稲刈り
高校改革の実施方針決定 県教委 児童と「安心の家」不審者対応訓練 岡谷
竜丘小学校でラーメン大会開く

鵞流峡のメンマでラーメン味わう

 天竜川沿いの景観整備・環境保全に取り組む「鵞流峡復活プロジェクト」(曽根原宗夫代表)に1年間協力してきた竜丘小学校6年生65人は18日、同プロジェクトの関係者を招き、竜丘産メンマを使った感謝のラーメン大会を開いた。

 6年生は昨年度の3学期から、活動に参加。2月に竹林の伐採を行い、5月にはメンマの材料になる「伸びすぎたタケノコ」250キロを収穫した。

 阿智村の加工業者を通じてメンマにし、11月には地元スーパーなどで販売。6日間子どもたちが店頭に出て販売したところ、毎回15分ほどで完売するほどだった。

 販売の収益金を活用して、同プロジェクトのメンバーや加工業者、販売協力店舗などの関係者を招いてメンマを味わい、感謝の気持ちを伝えようと、ラーメン大会を企画。つけ麺のラーメンとともにメンマを味わった。

 子どもたちの感謝の気持ちとメンマを味わい、曽根原代表(54)は「年間を通して一緒に活動してくれた。最高の味。一生忘れられないものになりそうだ」と喜んだ。

 児童たちは、同プロジェクトの協力で、竹灯籠作りやプールでの竹いかだ体験なども行った。6年の女子児童(12)は「自分たちで関わることになって地元産メンマや鵞流峡に親しみが持てるようになった。普通ではできないたくさんの体験をさせてくれてありがとう」と感謝した。

 収益金の残り26万円余は、6年生から同プロジェクトへ寄付した。鵞流峡の保全活動に活用していく。

  
2019年01月14日付
松川町3小中学校でコスタリカ料理給食 木質ペレット販売量過去最高 上伊那森林組合
広がる中尾歌舞伎ファン 長谷中生が活動報告 アカデミー賞辻さん、才能の片りん 京都の高校時代 : 京都新聞
諏訪圏工業メッセ 出展数最大規模の見通し 新潟女児遺体、殺害後時間経過か 県警、防犯カメラ重点捜査 : 京都新聞
加計面会予定メールは真正 文科省、野党合同会合で認める : 京都新聞 ライフラインは森林税で守る 諏訪地域会議
「いす-1」にトロフィーできた 大学生ら制作、大会で授与へ : 京都新聞 ろう女性40年間の沈黙、秘密の避妊措置 優生保護の証言 : 京都新聞
秋の遠足一緒に 玉川小と茅野高初の連携授業 伊那の森と人との関わり考える 来月イベント
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧