制服まとめ
「死ぬなら京都がいちばんいい」 余命宣告男性、移住し本執筆 : 京都新聞 兵庫、未成年や妊婦いれば禁煙へ マイカー罰則は見送り、改正案 : 京都新聞
警察学校入校の女性警官の体触る セクハラで男性警視を懲戒処分 : 京都新聞 教育委員を京都府内初公募へ 亀岡市、女性を積極登用 : 京都新聞
受動喫煙条例で啓発の催し、東京 1月の努力規定施行を前に : 京都新聞 学童保育、1万7千人入れず 小学校高学年で増加、厚労省公表 : 京都新聞
中高文化部を週休2日に、文化庁 生徒負担軽減へ指針を教委に通知 : 京都新聞 法科大学院教授の弁護士懲戒 第一東京弁護士会、「利益相反」 : 京都新聞
広島の中3死亡「いじめが主因」 第三者委が報告書を公表 : 京都新聞 呼吸器装着で乗車拒否は人権侵害 神奈川県の支援学校スクールバス : 京都新聞
進学理由の減額取り消し、大阪府 生活保護審査請求で : 京都新聞 担任教諭が指導中に児童の足蹴る 保護者が校長に抗議し体罰発覚 : 京都新聞
「死ぬなら京都がいちばんいい」 余命宣告男性、移住し本執筆 : 京都新聞
「死に方は精神論でなくテクニック論。死の準備教育が必要」と話す小林さん(京都市上京区)
「死に方は精神論でなくテクニック論。死の準備教育が必要」と話す小林さん(京都市上京区)

 息ができなくなる進行性の難病を患い、仕事や家を手放して「終(つい)の棲家(すみか)」として埼玉県から京都に移り住んだ男性がいる。著書「死ぬなら、京都がいちばんいい」(幻冬舎)を今年出版し、刺激あふれる京のまちで余命を楽しむ日々をつづった。男性は「死に方はもっと自由でいい。自分の好きに逝く選択肢を伝えたい」とほほえむ。

 埼玉県で会席料理店を営み、京都市上京区に転居した小林玖仁男さん(64)。約5年前、「間質性肺炎」と診断された。

 余命宣告を受けたのをきっかけに、「死の準備教育やテクニック論が必要」と感じ、思索を深めて執筆に力を注いだ。「死を了承しなければうまく死ねない。体が弱っても最後まで趣味を楽しめるように準備すること、死をチャンスととらえてかっこよく逝くことが大事だ」などと考えるようになった。

 転機は2016年。憧れの街京都で人生を終えたいと思い、決断から約2カ月で仕事や遺品を全て整理した。すでに離婚していたため、単身での移住。京都は美食や寺社仏閣、芸術にふれる機会が多く、毎朝「今日は何をしよう」と思える上、関東からも大勢の友人が遊びにきてくれるため「終の棲家に最適」という。

 著書では、錦市場や先斗町、五山送り火などの楽しみ方を生き生きとした文章や詩句でつづる。現在は酸素チューブを付けているため不自由さはあるが、今年の秋も紅葉を堪能し、1カ月に約70人もの友人らが遊びに訪れてくれるという。

 小林さんは「最後までやるべきことをやり、明るく納得した死を迎えたい。自分の経験を基に、死の方法論を伝える『死の準備教育京都学校』をつくるのが目標です」と笑顔を見せる。

ミニバイク免許試験、合格が一転不合格に 採点ミスで謝罪 : 京都新聞 ファンファールが定期演奏会開く
飯田で就職面接会開く 京都の魅力と「移住」考える 東京でシンポ「京都は街が学校」 : 京都新聞
日教組の組織率、22・6% 過去最低、42年連続で低下 : 京都新聞 前年度比0・1ポイント減の3・4倍 京都府私立高入試志願状況 : 京都新聞
豊丘で健康ウオーキング開催 三六災害
高森でカヌー教室が開講~南信州の良さ体感へ 「飯田市をより良くしたい」 飯田西中2年生市へ提言
22日まで県高校美術展~力溢れる160点を~ 闘病の末7歳で天国へ 「心の中で生き続けて」児童お別れ会開く : 京都新聞
下條中が職場体験学習 新卒者対象に緊急合同就職面接会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧