制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
就職は「ふるさと」で かみいなシゴトフェス

企業の担当者の話に耳を傾ける学生たち 経済団体や行政機関などでつくる上伊那地域若者人材確保連携協議会(事務局・上伊那広域連合)は29日、学生と地元企業が交流する「かみいなシゴトフェス」を伊那市のJA上伊那本所で開いた。年末の帰省に合わせたイベントで2年目。さまざまな業種の48社が出展した。大学や短期大学の学生、専門学校生を中心に初年より約90人多い201人が来場し、ふるさとの企業の話を聞いて今後の就職活動や生き方の参考にした。 県外などに進学した学生にもふるさとを再認識してもらう狙い。東京・新宿駅と名古屋駅からは会場直通の「無料帰省バス」を走らせた。企業ブースはアットホームな雰囲気。学生らは自由に回り、各社の製品やサービス、地域貢献活動、仕事と生活の両立支援に向けた取り組みなどを聞いていた。 松本大学松商短期大学部1年の宇治斐加さん(19)=南箕輪村=は「よく分かっている地元の上伊那で就職したい思いが強い」と説明。「春から就活が始まる。この時期に接点を持てれば準備が始められる」とフェスを歓迎した。 国学院大学経済学部2年の北原凜太郎さん(21)=駒ケ根市出身=は、会場で講演した伊那食品工業(伊那市)の塚越英弘副社長の話に感銘を受けた様子。「職業は目的ではなく、自分が幸せになるための手段と言われていた。手段として職業を捉えようと意識が改まった」と語った。 県外などに進学した上伊那出身のUターン就職率は3割程度とされる。学生側の売り手市場も続く中、人材確保は地元企業の共通課題で、出展も初年より10社多かった。アルミ電極箔製造の信英蓄電器箔(南箕輪村)は「早い時期からいかに企業を知ってもらえるかが鍵となっており、学生と対話できるこのイベントは有意義。帰ってきてくれる人が増えればうれしい」と話していた。
ごみ減量化と環境美化 コラム凡語:不登校新聞 : 京都新聞
千代小児童らが河川清掃 宮城県沖地震40年で訓練 児童、一斉に机の下へ : 京都新聞
町唯一のスーパー閉店へ 高齢者「不便」「過疎進む」 : 京都新聞 オケ友が閉幕 220人がクリニックの成果発表
キャンドルナイト開催 伊賀良ラグビースクールが全国大会へ
「全国ほんもの体験フォーラム」地域で生きる力と誇り育む!
福岡で異臭騒ぎ、児童7人を搬送 春日市の小学校、命に別条なし : 京都新聞 大津市のいじめ防止対策 越市長と市民が意見交換
天竜川で市田灯籠流し 晩夏の風情に味わい 受験者12人増 定員40に112人 近江八幡市立看護専門学校
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧