制服まとめ
凧揚げで東西交流 27日に春近子ども大会 水生昆虫を15年調査 富士見町の茅野さん
マイコンカーラリー全国大会 ∨目指す駒工生 秋宮リンクお待ちかね 今季の利用スタート
来月1、2日 岡谷でものづくりフェア 借金で「食事すらままならない」 ブータン留学生家族ら窮状訴え : 京都新聞
ろう女性40年間の沈黙、秘密の避妊措置 優生保護の証言 : 京都新聞 アユモドキ大切に育てるよ 大津の小学校、琵琶湖へ放流目指す : 京都新聞
ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん 大阪の重機5人死傷、懲役7年 てんかんで危険運転罪を認定 : 京都新聞
教員の熱中症知識不足で防げず 愛知・豊田の小1男児死亡で報告 : 京都新聞 厚労省、虐待防止で守秘義務検討 法改正案、学校や教委などに : 京都新聞
凧揚げで東西交流 27日に春近子ども大会

東春近の大凧と西春近の大凧 伊那市の西春近と東春近両地区をつなぐ交流イベント「春近子ども凧揚げ大会」(実行委員会主催)が27日午前10時から、三峰川合流地点周辺の天竜川河川敷で開かれる。正月行事として定着させたいと昨年に続いて企画。西春近北や西春近南、東春近の3小学校の児童と保護者をはじめ、多くの住民らに広く参加を呼び掛け、冬空を凧で彩る。 両地区は以前、夏恒例の「春近どんぴちゃ祭り」を地区境の天竜川に架かる旧殿島橋で行っていたが、2006年7月の豪雨災害で橋が崩れたため中止となった。再び住民が交流できるイベントを―と、昨年1月に凧揚げ大会を初めて開催。これまでほとんど利用されていな かった河川敷の有効利活用も兼ね、前回は住民ら約150人が参加した。 実行委は市商工会、西春近青少年育成会、各校PTAなどで組織し、今回新たにJA上伊那が加わった。大会に向けて、前回揚げた「西春近」「東春近」と書かれた大凧を直し、前回よりも連凧の数を増やす。1月に参加希望の児童に無地の凧を配り、思い思いにデザインしてもらう。会場ではドラム缶などにまきをくべ、温かい飲み物などを用意。今回から、凧を持参した地区外の人も参加できるようにした。 唐木屋石材工芸会長で実行委の唐木一平委員長(69)は「大会を通じて春近の子どもたちが知り合い、一緒に活動する大切さを子どもの頃から身に付けてほしい」と期待する。「いずれは伊那市の老若男女が集まり、自慢できる凧揚げ大会になってほしい」とし、次回以降、大会を徐々に市内全域へと拡大していく方針だ。 参加無料。雨天中止。問い合わせは唐木屋石材工芸(電話0265・78・3514)へ。
幕末出版の漢文聖書「すごく感動」 版元の香港関係者が来日 : 京都新聞
ごみ拾い競争で諏訪湖美化 岡谷市でイベント 学んだリンゴ学習 東春近小4年が感謝の会
社説:柳瀬氏国会招致 答弁修正も真相迫れず : 京都新聞
児童虐待の相談・通告が1・5倍 「潜在的虐待が表面化」か : 京都新聞 教諭、盗撮スマホ見つかり偽装工作も 中学トイレ侵入疑い逮捕  : 京都新聞
30日の党首討論を正式決定 森友・加計巡り論戦 : 京都新聞 1千万円窃盗疑い、中3少女を家裁送致 : 京都新聞
高3女子が自殺、熊本 いじめほのめかす遺書 : 京都新聞 首相、麻生氏の続投表明 改憲「日程ありきでない」 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧