制服まとめ
来月1、2日 岡谷でものづくりフェア 借金で「食事すらままならない」 ブータン留学生家族ら窮状訴え : 京都新聞
ろう女性40年間の沈黙、秘密の避妊措置 優生保護の証言 : 京都新聞 アユモドキ大切に育てるよ 大津の小学校、琵琶湖へ放流目指す : 京都新聞
ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん 大阪の重機5人死傷、懲役7年 てんかんで危険運転罪を認定 : 京都新聞
教員の熱中症知識不足で防げず 愛知・豊田の小1男児死亡で報告 : 京都新聞 厚労省、虐待防止で守秘義務検討 法改正案、学校や教委などに : 京都新聞
「卒業式で和服着て」 織物会社社長が男児用一式を学校に寄付 : 京都新聞 児童虐待の相談・通告が1・5倍 「潜在的虐待が表面化」か : 京都新聞
不登校の小中生居場所づくりに「適応指導教室」 京都・南丹市 : 京都新聞 「いす-1」にトロフィーできた 大学生ら制作、大会で授与へ : 京都新聞
来月1、2日 岡谷でものづくりフェア

ポスターを手に「ものづくりフェア2019」をPRする関係者 岡谷市内の企業の技術を紹介し、ものづくりの人材育成を目指す「ものづくりフェア2019」は2月1、2の両日、同市のテクノプラザおかやとララオカヤで開く。市や市金属工業連合会などでつくる実行委員会主催のイベントで17回目。今年は過去最多の出展があった昨年と同数の176企業・団体が参加し、製品の展示や実演、ものづくり体験、講演会などを通じて製造業の技術力と魅力をアピールする。 市内企業の製品を一堂に集めて技術を発信するとともに、子どもたちにものづくりの素晴らしさを伝える目的で毎年開催。今回の特別展示では総合重工業メーカーIHIが航空機用のターボファンエンジンやイプシロンロケットの模型、ファンモジュールの実機などを展示する。 ララオカヤ2階の特設会場には、地元企業や関係機関などの製品を展示するほか、諏訪地方6市町村や信州大学が取り組む「SUWA小型ロケットプロジェクト」や岡谷工業高校、小中学校のものづくり作品のブースを設ける。会場内ではワイヤーハーネスを使ったキーホルダーやクオーツ時計、オルゴール作りなども体験できる。 テクノプラザおかやでは1日午後5時15分から、ビジネス講演会を実施。蚕業機械の設計・製造に携わるハラダ(同市長地小萩)の原田尹文会長が「我が社の機械製作『繭から糸へ』」と題して講話する。2日は体験教室があり7色に変わるランタンや腕時計の組み立て、干支にちなんだ「いのししロボット」作り、ゲームのプログラミングを楽しめる。 入場無料(体験は一部有料)。1日午前10時~午後5時、2日午前10時~午後4時。実行委事務局の市工業振興課は「次世代を担う子どもたちの育成がテーマの一つ。多くの人にものづくりの魅力を知ってもらいたい」と期待している。問い合わせは同課(電話0266・21・7000)へ。
交通安全願い「とびだしぼうや」 京都・新設の小学校に寄贈 : 京都新聞
故郷飯島町の小学生にリコーダー贈り38年
社説:大川小高裁判決 学校の防災再点検迫る : 京都新聞
首相、予算委で「けじめ」に言及 森友改ざん、総辞職は否定 : 京都新聞
学校の備品活用、懐かしさ漂う図書館 京都の小学校跡地 : 京都新聞 那須雪崩、引率教員ら処分へ 栃木県教委、19日に協議 : 京都新聞
7歳女児虐待疑いで男逮捕、茨城 同居女性の長女を : 京都新聞
首相秘書官が夫人付職員に電話 森友問題、首相認める : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧