制服まとめ
不登校の小中生居場所づくりに「適応指導教室」 京都・南丹市 : 京都新聞 「いす-1」にトロフィーできた 大学生ら制作、大会で授与へ : 京都新聞
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む いじめ対応が不適切と提訴、奈良 小学女児、市に賠償請求 : 京都新聞
准看護師強殺、遺族「極刑望む」 裁判員裁判で母親と姉が意見陳述 : 京都新聞 森友学園、籠池夫妻が無罪を主張 補助金詐取の罪、大阪地裁初公判 : 京都新聞
女子中学生に「豚汁食べたら共食い」 教諭が暴言、滋賀 : 京都新聞 難易度「例年並み」倍率は1・02倍 京都・公立高中期選抜 : 京都新聞
「かわいい和の庭」高校生のデザインが全国受賞 鳥が来る木配置 : 京都新聞 学校保管の考古資料活用へ 京都・公立博物館などが支援 : 京都新聞
辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日 リクシル、災害時対応のトイレ 少量の水で洗浄 : 京都新聞
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む

八ケ岳自然文化園の入り口向かいの一画では、パン工房とコミュニティスペースの建設が進む 原村の観光拠点「原村ペンションビレッジ」で新築やリフォームなど新しい動きが生まれている。宿泊業にこだわらず、ペンションの建物を生かした飲食店や物販、交流スペースなどの開店準備が進む。共通するのはかつてのにぎわいの再現ではなく、経営者自らも楽しみながら観光客や地域住民に憩いの場を提供したい―との思いだ。ビレッジの雰囲気を生かしながら、新しい風を入れようと動きだしている。 昨年秋、パン工房とコミュニティスペースを設けた新施設の建設が始まった。施主はビレッジの元ペンションオーナー、杉本直三さん(77)で、「文化があり、友人もいる原村でもう一度新しいことをしたい」と二十数年ぶりに戻ってきた。今年5月の大型連休から本格オープンを目指す。 コミュニティスペースではコンサートや特技を持つ移住者を講師にした講習会などを開きたい考えだ。杉本さんは「原村は移住者が増加し、人口が増えている地域。何かを始めたい移住者の受け皿になりたい。ビレッジの落ち着いた雰囲気も生かしたい」と語る。 ペンション「ワンズワース」も大規模改修中だ。オーナーの佐藤孝文さん(69)初代さん(59)夫妻は神奈川県から15年前に移住し、先代からペンション業を受け継いだ。現在の5部屋を3部屋に改修し、家具や壁紙などもこだわりの英国アンティークを取り入れる。半地下には一般開放のデリカテッセンやアンティークショップを新たに開設。4月に営業を再開する予定だ。 売りに出ていた元ペンションの物件を購入した杉山直さん(62)・邦子さん(65)夫妻=茅野市=もいる。元の間取りを生かしてカフェや総菜販売を今月にも週2、3日で始めたいとする。邦子さんは「近くの八ケ岳中央農業実践大学校の学生が集える場所にもなれば」と話した。 ペンションビレッジでは、格安で泊まれるゲストハウスやバー、そば店、共同生活を送る賃貸住宅(シェアハウス)など数年前からペンションの新しい活用も広まっており、過渡期を迎えている。
点字の理解で広がる世界 京都の教室で記者も体験 : 京都新聞
若者目線で防犯、大学生ボランティア結成10年 京都 : 京都新聞 財務省、佐川氏の改ざん関与認定 来月4日にも公表、森友文書問題 : 京都新聞
明治期、日本画復興へ若手の歩み 「京都画壇」企画展 : 京都新聞 神霊歓迎の舞、中高生披露へ 京都・御蔭祭 : 京都新聞
小学校教諭がウニ密漁 青森、セクハラ講師も減給処分 : 京都新聞 教員の働き方改革でPR動画公開 文科省、過労死遺族も参加 : 京都新聞
リクシル、災害時対応のトイレ 少量の水で洗浄 : 京都新聞
公開請求2カ月放置、廃棄後に「不存在」通知 京都のいじめ日誌 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧