制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校 昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日 松尾新井区でどんど焼き実施
奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度

伊那市は9日の市議会全員協議会で、奨学金を受けて大学などを卒業した後、市内に定住し、上伊那地域の事業所に勤務する若者を対象に、奨学金の返還を支援する新たな制度を4月から始める方針を明らかにした。若者の移住定住を促進し、地域産業の担い手となる人材の確保を図る狙い。上伊那地方では初の取り組みという。 独立行政法人日本学生支援機構の奨学金や厚生労働省の技能者育成資金融資制度の受給者に対し、前年の返還額の3分の2、年12万円を限度に補助する仕組み。補助期間は1人につき5年間。 大学、大学院、短大、専修学校、大学校(南信工科短期大学校など)を卒業した30歳未満の人で、定住する目的で市内に住み、上伊那地域の事業所(対象業種)に就職し、継続して勤務する見込みがある人が対象となる。 補助を受ける場合は卒業前に市の認定を受けることが必要。今年春に卒業する場合は9月までに認定を受ければ補助対象となる。既卒者は上伊那地域の事業所に就職する予定日の前月末日までに認定を受ける。 制度は2029年度まで10年間の予定。国の「奨学金を活用した大学生等の地方定着促進要綱」に基づき、特別交付税の措置を受けて4億円の「人材確保支援基金(仮称)」を創設し、年70人の補助を見込む。 市内企業の人材確保が大きな課題となる中、大学進学などで市外に流出した若者の地元就職につなげる取り組みの一環として実施。市議会からも奨学金に関する提案を受けて検討を進めていた。 市商工観光部は「就職から数年間、奨学金の返還が若者にとって負担になっている」と指摘。「返還額の一部を市が負担することで、市内へのU・I・Jターンを促進し、地域の担い手となる人材の確保を図る」と説明している。
職員室で窃盗疑い中学教諭逮捕 「やったと思うが忘れた部分も」 : 京都新聞 外国人児童生徒適切支援へ、日本語能力測定法学ぶ
台風15号 最接近で飯伊も警戒 文科省、加計面会文書確認できず 林氏が調査結果発表 : 京都新聞
京都先端科学大に名称変更へ 学園大、入学式に高木菜那選手 : 京都新聞 松川東小で最後の運動会開く
救助技術を極めろ 京都の停電、なお6570戸 電話や通信できない地域も : 京都新聞
法人の関西大学に2回目是正勧告 小中高教員に違法残業 : 京都新聞 蓮田市の児童ら松川町へ
座光寺小児童が植えたフジバカマにアサギマダラ 5家族が入学や転校検討 小規模特認校の上村小で学校見学会
生ごみたい肥でゴーヤ栽培 「緑のカーテン」でエコ生活 いじめ問題対応専門員 相談受け付け開始
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧