制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 鼎小学校で火災発生 児童用トイレから出火 全員の無事確認
松川町3小中学校でコスタリカ料理給食 美博で子ども美術学校展を開催中
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 磐田市の特産物で給食 駒ケ根の小中学校
県内小中学校教職員 超過勤務が減少傾向 学校とスポーツに焦点 諏訪湖博物館で企画展
17日にどんぐり販売 伊那養護学校高等部 茅野市内の学校や保育園で「寒天給食」
学校給食で地産地消 長谷中で初のシンポ 死亡女児の父、職場では別の顔 穏やか、怒るところ見せず : 京都新聞
鼎小学校で火災発生 児童用トイレから出火 全員の無事確認

 17日午前7時55分ごろ、飯田市鼎中平の市立鼎小学校の職員から、「校舎から煙が出ている」と119番通報があった。この火災で同校高学年棟2階のトイレの天井や壁など約13平方メートルを焼損。火は約20分後に消し止められた。

 出火当時、児童のほとんどが登校しており、校舎の中には児童と教職員合わせて約700人がいたが、体育館に避難し、けが人はいなかった。欠席していた57人についても無事が確認されている。

 現場は1階と2階の間の踊り場にある児童用トイレ。学校によると、トイレには気温が下がると自動でスイッチの入る電気ヒーターが設置されていた。この火災の影響で、1~5年生の授業の開始と6年生のスキー教室の出発が遅れた。

 初期消火にあたった保護者の男性は「娘を送り届けて職員室に寄ったときに非常ベルを聞いた。トイレの窓が割れて黒い煙が出ていたので駆けつけたが、扉を開けたら火の手が上がった」と話した。

 火災を受け、飯田市教育委員会は「関係する皆さまにはご心配をお掛けしました。出火原因については関係諸機関が現在捜査中で、教育委員会として状況の把握に努めたい」とのコメントを発表した。

 飯田署や広域消防本部が詳しい出火原因を調べている。

◎写真説明:消防車両が集まった鼎小校庭

  
「大鹿歌舞伎」喬木で出張公演、伝統の地芝居を間近に うつと向き合い「光と闇」描く 画家目指し表現磨く17歳  : 京都新聞
「あなたのこと分かってる」中3女子脅し、裸映像入手 男を逮捕 : 京都新聞 泰阜村で高原ロードレース大会
飯女の中原さん最優秀賞、働く父の姿 短歌に詠み 遠山中生が和田バイパスで見学会
泰阜中で百人一首クラスマッチ 豊丘中3年生が模擬議会を体験
島岡さんが3部門で入賞 創造館で第63回写真県展 丸山小と飯田西中が合同キャリア教育実践発表会
美博で春草コレクション展 中央道ボックスで壁画制作 旭ケ丘中芸術部
清内路かぼちゃ苗作り 伝統野菜の品質向上へ 「満開の桜にうっとり」飯田大宮通り桜まつり
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧