制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
美博で子ども美術学校展を開催中 学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳
磐田市の特産物で給食 駒ケ根の小中学校 県内小中学校教職員 超過勤務が減少傾向
学校とスポーツに焦点 諏訪湖博物館で企画展 17日にどんぐり販売 伊那養護学校高等部
茅野市内の学校や保育園で「寒天給食」 学校給食で地産地消 長谷中で初のシンポ
死亡女児の父、職場では別の顔 穏やか、怒るところ見せず : 京都新聞 近江兄弟高、一般入試「理科」で出題ミス 全員正解扱い : 京都新聞
松川町3小中学校でコスタリカ料理給食

 松川町の小中学校全3校で22日、給食にコスタリカ料理が提供され、児童生徒約1000人は食べ慣れない料理に興味を示し味わった。

 町は、2020年東京五輪・パラリンピックの「ホストタウン」構想の相手国となる中米コスタリカとの交流事業を進めており、コスタリカにちなんだ給食はその一環。

 牛肉や野菜を煮込んだスープ「オジャ・デ・カルネ」、ジャガイモなどを炒めて味付けする「ピカディージョ・デ・パパ」、トウモロコシ粉をこねて薄くのばして焼いた「トルティーヤ」など4品。いずれもコスタリカの伝統的な家庭料理といい、3校の栄養士らが栄養面などを考慮した上で本場の味に近づけた。

 料理が各教室に運び込まれると独特な香りが漂い、中学校の教室では「おいしそうなにおい」の声。早速口に運んだ2年の生徒(14)は「どれもおいしい」と笑顔で語った。

 来年度も行う予定で、高坂敏昭教育長は「子どもたちの異文化理解の一つになる」と期待を寄せた。

 18日は町内の保育園全5園でもコスタリカ料理を提供している。

◎写真説明:コスタリカ料理を味わう中学生

  
柳瀬氏、NTT系の社外取締役に 加計問題で追及の元首相秘書官 : 京都新聞 県立高校前期選抜 飯伊7校は639人受験
松川中で恒例の五平餅作り、地元主婦が講師役に 高森南小でお花見給食開く
遠山漁協が初企画 寄付のアマゴ放流、つかみ捕りに歓声 千代ネギのブランド化へ取り組み
豊丘村が防災行政無線をデジタル化 下條村で8人が一日館長、図書館への理解深める
財政や活性化策を質問、阿智中3年生が「村長さんと語る会」 インフル「大流行」最大級警戒呼びかけ 患者4割が10歳未満 : 京都新聞
研さんの場、今に受け継ぐ 旧東京音楽学校奏楽堂 : 京都新聞 豊橋動物園におきよめの湯
雪不足で見通し立たず…丹後スキー大会中止 京都 : 京都新聞 「飯田型コミュニティ創造を」 飯田市の小中連携・一貫教育推進委
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧