制服まとめ
EVを活用した事業にグランプリ 地球温暖化防止へ「低炭素杯」 : 京都新聞 生徒自殺で教育大綱改定、福井 池田町、納得できないと遺族 : 京都新聞
死亡女児の父、職場では別の顔 穏やか、怒るところ見せず : 京都新聞 【判決要旨】交番射殺事件実刑判決「並んで弁当から12分」 : 京都新聞
近江兄弟高、一般入試「理科」で出題ミス 全員正解扱い : 京都新聞 野田市担当者「印象悪い」と欠席 一時保護解除後の両親面談 : 京都新聞
1本に50匹、コオロギ使った栄養バー 京の昆虫ベンチャー開発 : 京都新聞 大津市、一般会計1128億円 「緊縮型」の19年度当初予算案 : 京都新聞
社説:児童虐待防止  対処できる人材育てよ : 京都新聞 闘病の末7歳で天国へ 「心の中で生き続けて」児童お別れ会開く : 京都新聞
原発事故の教訓を後世に、福島 拠点施設、20年夏開業へ : 京都新聞 県警の体質に異例の苦言 警官射殺事件判決、旧態依然の指導 : 京都新聞
EVを活用した事業にグランプリ 地球温暖化防止へ「低炭素杯」 : 京都新聞

 全国から選抜された学校や企業など28団体が地球温暖化防止に向けた取り組みを発表する「低炭素杯2019」が8日、川崎市の「カルッツかわさき」で開かれ、姫島エコツーリズム推進協議会(大分県姫島村)の超小型の電気自動車(EV)を活用した事業が環境大臣賞グランプリに選ばれた。4団体に環境大臣賞金賞が、2団体に文部科学大臣賞が贈られた。

 姫島エコツーリズム推進協議会はEVを観光客や島民の交通手段として利用してもらう取り組みを報告した。表彰式後、佐藤篤司事務局長は「活動をやってきて良かった。地元に感謝を伝えたい」と喜びを語った。

松尾小4年生対象に水引教室 松川町上片桐でフェスタぎおん 雨でも活気十分、盛大に
県が食品の夏期一斉取締り、細菌性食中毒の防止を 県内小中学校教職員 超過勤務が減少傾向
高森町が高齢ドライバー対象に講習会 三遠南信道の鳳来峡~浜松いなさ北が開通
夏休みに流しそうめん 西部シルバーが子ども向けレク
竜東中1年生が信大院生と宿泊学習 「恒川官衙遺跡」国史跡指定記念展 物語仕立てで解説
飯伊8校で高校入試前期選抜の合格者発表 阿南高校福祉コースが公開授業
和歌山大の尾久土教授が世界初の全天周4Kビデオ撮影 平谷村でヒマワリ迷路 ゆっくり花見を楽しんで
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧