制服まとめ
大津市、一般会計1128億円 「緊縮型」の19年度当初予算案 : 京都新聞 社説:児童虐待防止  対処できる人材育てよ : 京都新聞
闘病の末7歳で天国へ 「心の中で生き続けて」児童お別れ会開く : 京都新聞 原発事故の教訓を後世に、福島 拠点施設、20年夏開業へ : 京都新聞
県警の体質に異例の苦言 警官射殺事件判決、旧態依然の指導 : 京都新聞 大阪・高槻で全域避難訓練を実施 地震教訓に、1万3千人参加 : 京都新聞
東京でNIE教育フォーラム 「現代社会、どう生き抜くか」 : 京都新聞 インフルまだ警戒必要 学級閉鎖増、手洗い励行 : 京都新聞
シリア支援団体、大阪で講演会 「行きたいと思える国に」 : 京都新聞 バイクの19歳女性負傷 会社員を酒気帯び運転容疑で逮捕 : 京都新聞
コラム凡語:「平成最後」の菜の花忌 : 京都新聞 小泉氏、地域のケアで虐待防止を 小4女児死亡事件巡り : 京都新聞
大津市、一般会計1128億円 「緊縮型」の19年度当初予算案 : 京都新聞

 大津市は8日、2019年度当初予算案を発表した。越直美市長にとって就任2期目の総仕上げとなる予算編成。一般会計は、ごみ処理施設の更新などの大型事業と社会保障関連経費を除けば実質「緊縮型」の予算案といい、民間の力やテクノロジーを活用した省コスト化に重点を置き、「選択と集中」を徹底したと説明した。

 一般会計は前年度比4・5%増の1128億9千万円で、過去2番目の規模。ごみ処理施設と学校給食調理場の整備は関連費を含め計約90億円に上った。また社会保障関連を含む民生費は前年度比11%(約53億円)増となった。

 主な歳出のうち、民間企業と取り組む「ジュネーブ構想」では、JR大津駅前や湖岸の公園整備、沿道の店舗誘致に関するルールづくり、整備エリア拡大の検討などに計1億7400万円を充てる。

 自動運転の実証実験やドローンを使った橋梁点検、人工知能(AI)によるいじめの傾向分析など、最新技術を活用した28事業に計2億1400万円を計上した。

 越市長は「民間やテクノロジーの力を使えば、大きな予算をかけなくても魅力的なまちづくりができる。新しい行政の形を追求していきたい」と述べた。

 この他、今春パリで開幕する大津絵展の関連事業に470万円、資格を持つものの就業していない「潜在保育士」などを掘り起こすプロジェクトに950万円を計上した。

 歳入では、市税収入は企業の堅調な業績を踏まえて前年度比2・7%増の507億円を見込む。市債発行額は同3・4%減の77億1200万円に抑えた。19年度末の市債残高は1183億2千万円の見通し。

 予算案は15日に始まる市議会2月通常会議に提案する。

遠山郷いい川づくり推進会議 飯田市南信濃 高森町が南信高森開発と協定
少年野球飯伊選手権 「猛暑日」の下はつらつ、8強決まる アップルロードに飯田初の路面着色
下條村文化の祭典開く 志望校へ熱意伝える、前期選抜に863人挑戦
美博で春草コレクション展 「国際交流と異文化理解を」下條村が中学生グアム研修
社説:心愛さんの命 親への対応もっと強く : 京都新聞 豊丘村で親子体操教室開く
阿南高文化祭~成長への思い込め 豊丘村の慈恵園で通学合宿
コラム凡語:家庭内暴力と児童虐待 : 京都新聞 阿智村で園原さん招きウオーキング体験会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧