制服まとめ
インフルまだ警戒必要 学級閉鎖増、手洗い励行 : 京都新聞 バイクの19歳女性負傷 会社員を酒気帯び運転容疑で逮捕 : 京都新聞
大阪・高槻で全域避難訓練を実施 地震教訓に、1万3千人参加 : 京都新聞 アンケ実施、学校が父親に伝達か 小4女児死亡、市資料に記載 : 京都新聞
シリア支援団体、大阪で講演会 「行きたいと思える国に」 : 京都新聞 国立大法人の統合が可能に 経営効率化で改正案決定 : 京都新聞
コラム凡語:「平成最後」の菜の花忌 : 京都新聞 小泉氏、地域のケアで虐待防止を 小4女児死亡事件巡り : 京都新聞
学校と児相、長期欠席情報共有へ 虐待疑われる子ども、政府が対策 : 京都新聞 内村光良さんに市民栄誉賞 出身地の熊本・人吉 : 京都新聞
女児帰宅、児相が押し切られる 父との面談の全容判明 : 京都新聞 会話不安、もどかしさとおびえ… 吃音の苦悩伝える本出版 : 京都新聞
インフルまだ警戒必要 学級閉鎖増、手洗い励行 : 京都新聞
インフルエンザ予防のため、念入りに手洗いする子どもたち(長岡京市長法寺・長法寺小)
インフルエンザ予防のため、念入りに手洗いする子どもたち(長岡京市長法寺・長法寺小)

 京都府乙訓地域でインフルエンザが流行し、1医療機関当たりの平均患者数が警報基準の30人を上回っている。2市1町の公立小中学校では学級閉鎖が増えており、府乙訓保健所は「冷え込みが続くので、まだまだ警戒が必要」と注意を呼び掛けている。

 同保健所によると、管内の七つの定点医療機関で、1月21~27日の1週間に1医療機関当たりで受診した平均患者は82・43人と、少なくとも過去5年間で最も多かった。翌週の28日~2月3日は51人と減少したが、警報基準を依然として大きく上回っている。

 同保健所は「昨年12月の患者数は少なかったが、今年1月中旬から急増した」とみている。

 公立小中学校では学級閉鎖が相次ぎ、1月は計21校82クラスと前年同月比で12クラス増だった。各校では、手洗い、うがいの励行や教室の換気をこまめに行うなど予防に努めている。

 同保健所保健室は「ウイルスが活性化する乾燥に注意して部屋の湿度を保ち、マスク着用や手洗いを徹底して、もし体の異変を感じれば早期に受診してほしい」としている。

第3回飯田市小中連携・一貫教育推進委員会開く 市教委がいじめ対応マニュアル作成
少年野球飯伊選手権 「猛暑日」の下はつらつ、8強決まる 千葉小4虐待死、父を3回目逮捕 児相保護前の暴行疑い、千葉県警 : 京都新聞
お盆に20歳の誓い、 豊丘村のNPOかあちゃんの店がパンの日始める
TOJ南信州ステージを開催 考想・諏訪湖 4、高島小学校6年1部
飯伊各地でどんど焼き開く 飯伊地域小学生以上の障害者対象のサッカー教室開く
龍江小6年生が紙すき初体験 やまびこマーチ記念展で歩いて伊能図を体験
脳性まひ男性が高校不合格 「障害で拒否」訴え再受験 : 京都新聞 どんぐり向方学園の生徒らが茶摘み体験
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧