制服まとめ
野田市担当者「印象悪い」と欠席 一時保護解除後の両親面談 : 京都新聞 1本に50匹、コオロギ使った栄養バー 京の昆虫ベンチャー開発 : 京都新聞
大津市、一般会計1128億円 「緊縮型」の19年度当初予算案 : 京都新聞 社説:児童虐待防止  対処できる人材育てよ : 京都新聞
闘病の末7歳で天国へ 「心の中で生き続けて」児童お別れ会開く : 京都新聞 原発事故の教訓を後世に、福島 拠点施設、20年夏開業へ : 京都新聞
県警の体質に異例の苦言 警官射殺事件判決、旧態依然の指導 : 京都新聞 大阪・高槻で全域避難訓練を実施 地震教訓に、1万3千人参加 : 京都新聞
東京でNIE教育フォーラム 「現代社会、どう生き抜くか」 : 京都新聞 インフルまだ警戒必要 学級閉鎖増、手洗い励行 : 京都新聞
シリア支援団体、大阪で講演会 「行きたいと思える国に」 : 京都新聞 バイクの19歳女性負傷 会社員を酒気帯び運転容疑で逮捕 : 京都新聞
野田市担当者「印象悪い」と欠席 一時保護解除後の両親面談 : 京都新聞

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡し傷害容疑で両親が逮捕された事件で、市担当課の職員が、「父の暴力」を訴えた学校アンケートのコピーを父勇一郎容疑者(41)が求めた面談を欠席していたことが9日、市への取材で分かった。

 市によると、担当者は「一時保護で印象を悪くしているのでいない方がいいと判断した」と説明。今村繁副市長は「担当課が悪い印象を持たれるのは当然だが、そこから始めるのが支援。結果から見ると欠席したのは誤りだった」としている。

 学校は県柏児童相談所と市児童家庭課にも出席を依頼。児相は日程の都合で欠席した。

竜丘小5年生が稲作体験講座 清内路小で相撲大会 新たな土俵で「はっけよい」
人形劇フェスタが開幕 「いまここだけの場を大切に」 小中連携・一貫教育推進委が報告会
医師・看護職合同就職ガイダンス開く わんぱく冒険隊が被災地に餅送る
飯田市が防災防災計画修正案を承認 飯田女子短大生がインテリアの国際見本市に出品
泰阜村の山村留学生が登り窯たき 虐待事案を県警と全件共有 深刻化防止、名古屋の児童相談所 : 京都新聞
阿智第一小でかみかみリレー 全国交通安全運動始まる 上郷地区で人波作戦展開
仏留学生10人が竹細工楽しむ 京都・南丹、寺社建築実習も : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧