制服まとめ
考想・諏訪湖 4、高島小学校6年1部 笑顔の花束を胸に 県福祉大学校で卒業式
花の直売所オープン 八ケ岳農業実践大学校 夢の実現へ 八ケ岳中央農業実践大学校卒業式
小中学校に新村英一の自伝寄贈 舞踊賞運営委 秋篠宮家の悠仁さま、小学校卒業 文集で自然学習体験つづる : 京都新聞
NZのモスクで銃乱射、9人死亡 男3人、女1人を拘束 : 京都新聞 新地図記号に「自然災害伝承碑」 国土地理院が制定 : 京都新聞
津波犠牲米国人の遺族が本棚寄贈 両親が宮城の小学校に : 京都新聞 千葉小4死亡「学校情報が発端」 児相が一時保護後、親に伝達 : 京都新聞
青学、初等部入試を巡り内部調査 口利き疑惑報道を否定 : 京都新聞 戦隊ヒーロー・結木滉星さんら練り歩き 区制140年祝う : 京都新聞
花の直売所オープン 八ケ岳農業実践大学校

春を告げる「プリムラ」など多種多様な苗が並ぶ八ケ岳中央農業実践大学校の花の直売所 原村の八ケ岳中央農業実践大学校の花の直売所が今季の営業を始めた。春の出荷時期に合わせて学生が育ててきたパンジーやビオラ、ゼラニウム、寄せ植えなど約90種類、3万5000ポットを並べた。春の花壇や庭の手入れに取り掛かる園芸愛好家らに来場を呼び掛けている。 花きコースの2年生1人、1年生4人が種から育ててきた色とりどりの苗が並ぶ。1年生の宮坂理輝さん(19)=下諏訪町出身=は「初めて種まきから開花までの一連の作業をやったので、達成感がある。心を込めて育てたので多くの人に見てもらいたい」と話した。春の花として「プリムラ」がお勧めといい「多種多様な色、種類があり、オープンにふさわしい花。寄せ植えにも向いています」と、鮮やかな花々に笑顔を向けていた。 営業時間は、3月中は午前9時30分~午後4時30分。毎日営業。問い合わせは同直売所(電話0266・74・2175)へ。
生徒が考えた地域食材の献立給食を 豊丘村 小4対象に「通学合宿」、親元離れ共同生活
阿南高校卒業生1万人達成の記念植樹 下久堅で自転車選手とふれあいの会
松川高で生徒21人が熱中症に 豊丘北小の給食でまつたけご飯
大鹿村に千葉市の児童が農山村留学 高森でバレーボール観戦
困窮者自立支援へ連携 「まいさぽ飯田」が地域連絡会 Iターン者増え活気づく、根羽村「八柱神社七年祭」
「地域の住民と一緒に」阿南二中百人一首大会 飯田国際交流推進協会が外国籍市民の就労支援フォーラム開く
三遠南信道の鳳来峡~浜松いなさ北が開通 松川町「健康を考える集会」~糖尿病予備軍多い~
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧