制服まとめ
借金で「食事すらままならない」 ブータン留学生家族ら窮状訴え : 京都新聞 ろう女性40年間の沈黙、秘密の避妊措置 優生保護の証言 : 京都新聞
アユモドキ大切に育てるよ 大津の小学校、琵琶湖へ放流目指す : 京都新聞 教員の熱中症知識不足で防げず 愛知・豊田の小1男児死亡で報告 : 京都新聞
厚労省、虐待防止で守秘義務検討 法改正案、学校や教委などに : 京都新聞 大阪の重機5人死傷、懲役7年 てんかんで危険運転罪を認定 : 京都新聞
「卒業式で和服着て」 織物会社社長が男児用一式を学校に寄付 : 京都新聞 児童虐待の相談・通告が1・5倍 「潜在的虐待が表面化」か : 京都新聞
不登校の小中生居場所づくりに「適応指導教室」 京都・南丹市 : 京都新聞 「いす-1」にトロフィーできた 大学生ら制作、大会で授与へ : 京都新聞
いじめ対応が不適切と提訴、奈良 小学女児、市に賠償請求 : 京都新聞 准看護師強殺、遺族「極刑望む」 裁判員裁判で母親と姉が意見陳述 : 京都新聞
借金で「食事すらままならない」 ブータン留学生家族ら窮状訴え : 京都新聞
記者会見で、ブータン人留学生の苦境を訴える被害者の会のメンバー(右端)や弁護士、支援者=神戸市中央区・兵庫県庁
記者会見で、ブータン人留学生の苦境を訴える被害者の会のメンバー(右端)や弁護士、支援者=神戸市中央区・兵庫県庁

 ブータン国内の留学仲介業者に多額の費用を支払って日本に留学したブータン出身者たちが生活苦に陥っているとして、留学生の家族らが4日、兵庫県庁(神戸市)で記者会見した。1人当たり約120万円の借金を背負い、被害は約700人に上るという。

 留学生の家族らでつくる「被害者の会」によると、ブータン労働人材省の認可を受けた留学仲介業者1社の派遣事業で、昨年4月まで1年間に東京都や兵庫県の日本語学校などに約700人が入学。同事業は、日本で働いて返済しながら日本語が学べるとのうたい文句で、留学生の多くはブータンの大卒者の年収3年分以上に相当する約120万円を同国の政府系金融機関から借りているという。

 会見で被害者の会は、「業者は、アルバイトで年間180万円稼げ、卒業後は日本での進学、就職も可能と説明したが、とても借金返済分と学費は稼げず、食事すらままならない」と指摘。「ブータン政府公認のブローカーにだまされた」と訴えている。ブータン国内でも問題となり同事業は打ち切られたが、現在も約600人が日本に滞在中。被害者の会は、2月22日に日本政府に留学生への就労支援を要請した。

 同事業の日本での受け入れ団体だった福島県内の一般社団法人は京都新聞社の取材に対し、「学費未払いは留学生の3分の1ほど。就労や専門学校への進学などの支援を続けている。ブータンでどのように事前説明していたかは分からない」としている。

前期選抜 飯伊8校に680人挑戦 阿智で元五輪選手迎えウオーキング
西部3村の小学生がスポーツ交流会 「困難に立ち向かって」 伊藤下條村長が卒業生へ講話
飯田市の「高校生の国際交流」報告会 ヌーベルファーム泰阜が柿の生産拡大へ
「ソバの種まき楽しいね」 山本小3年生が地元若手農業者と 上村、南信濃で遠山の霜月祭り開幕
下農高で中学生660人が体験入学 松尾多勢子胸像見つかる
伝統野菜を使った調理講習会開く 北沢建設が大沢川へアマゴ放流
下條村が公民教科書に登場~少子化対策の事例で紹介 阿智高男子バスケ部が初の県大会へ 部員3人から強豪チームに
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧