制服まとめ
教員の熱中症知識不足で防げず 愛知・豊田の小1男児死亡で報告 : 京都新聞 厚労省、虐待防止で守秘義務検討 法改正案、学校や教委などに : 京都新聞
大阪の重機5人死傷、懲役7年 てんかんで危険運転罪を認定 : 京都新聞 「卒業式で和服着て」 織物会社社長が男児用一式を学校に寄付 : 京都新聞
児童虐待の相談・通告が1・5倍 「潜在的虐待が表面化」か : 京都新聞 不登校の小中生居場所づくりに「適応指導教室」 京都・南丹市 : 京都新聞
「いす-1」にトロフィーできた 大学生ら制作、大会で授与へ : 京都新聞 いじめ対応が不適切と提訴、奈良 小学女児、市に賠償請求 : 京都新聞
准看護師強殺、遺族「極刑望む」 裁判員裁判で母親と姉が意見陳述 : 京都新聞 森友学園、籠池夫妻が無罪を主張 補助金詐取の罪、大阪地裁初公判 : 京都新聞
女子中学生に「豚汁食べたら共食い」 教諭が暴言、滋賀 : 京都新聞 難易度「例年並み」倍率は1・02倍 京都・公立高中期選抜 : 京都新聞
教員の熱中症知識不足で防げず 愛知・豊田の小1男児死亡で報告 : 京都新聞

 愛知県豊田市で昨年7月、校外学習から戻った市立梅坪小1年の男児=当時(6)=が熱射病の疑いで死亡したのを受け、市が設置した第三者調査委員会は5日、問題の要因や防止策をまとめた報告書を公表した。教員に熱中症の知識が不足していたため、校外学習を中止する判断に至らず、事態を回避できなかったと指摘している。

 報告書によると、男児は昨年7月17日午前10時5分ごろ、学校から約1キロ離れた公園に出発。気温や湿度、日射などから熱中症のリスクを数値化する「暑さ指数」は同10時時点で、最も危険度が高い「運動は原則中止」だったが、学校は適切な措置を取らなかった。

清内路小の参観日に相撲大会開く 丸山小と飯田西中のキャリア教育合同研修会開く
中学校でスクールランチから業者撤退、教員が買い出し : 京都新聞 春草コレクション展示~学生時代の活動を紹介
渋谷区の中学生が龍江で田植え~初体験に悲鳴と歓声~ 座光寺小児童が植えたフジバカマにアサギマダラ
「麻績の里舞台桜」飯田市天然記念物に 飯田OIDE長姫高校の桜姫祭
豊丘村のNPOかあちゃんの店がパンの日始める 売木村でヘリ離着陸訓練
市役所で仕事納め式 大名行列保存会がお練りPRで演舞
トヨタ自動車の伊原副社長が講演会 長姫と工業の統合新校名は「飯田OIDE長姫」 
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧