制服まとめ
厚労省、虐待防止で守秘義務検討 法改正案、学校や教委などに : 京都新聞 大阪の重機5人死傷、懲役7年 てんかんで危険運転罪を認定 : 京都新聞
「卒業式で和服着て」 織物会社社長が男児用一式を学校に寄付 : 京都新聞 児童虐待の相談・通告が1・5倍 「潜在的虐待が表面化」か : 京都新聞
不登校の小中生居場所づくりに「適応指導教室」 京都・南丹市 : 京都新聞 「いす-1」にトロフィーできた 大学生ら制作、大会で授与へ : 京都新聞
いじめ対応が不適切と提訴、奈良 小学女児、市に賠償請求 : 京都新聞 准看護師強殺、遺族「極刑望む」 裁判員裁判で母親と姉が意見陳述 : 京都新聞
森友学園、籠池夫妻が無罪を主張 補助金詐取の罪、大阪地裁初公判 : 京都新聞 女子中学生に「豚汁食べたら共食い」 教諭が暴言、滋賀 : 京都新聞
難易度「例年並み」倍率は1・02倍 京都・公立高中期選抜 : 京都新聞 「かわいい和の庭」高校生のデザインが全国受賞 鳥が来る木配置 : 京都新聞
厚労省、虐待防止で守秘義務検討 法改正案、学校や教委などに : 京都新聞

 厚生労働省が今国会提出を目指している児童虐待防止法と児童福祉法の改正案に、学校や教育委員会、児童福祉施設の職員らに、子どもの秘密を漏らしてはならないとの守秘義務を課す方向で検討していることが5日、分かった。同日に開かれた自民党の虐待防止に向けた特命委員会と厚労部会で同省が示した。

 1月に千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(10)が亡くなった事件では、心愛さんが「父からの暴力」を訴えた校内アンケートの回答のコピーを、市教委が父親に渡していたことが判明。厚労省はこの事態を重く受け、「正当な理由なく、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない」と規定する方針だ。

下久堅放課後子ども教室1周年でおやす作りに挑戦 松川北小でログハウス製作
旭中1年生が学習発表会とコンサート 1年間の成果と感謝を 飯田職安がふるさと企業説明会開く
泰阜村で駅伝競走大会~24チームたすきつなぐ~ 土砂災害想定し情報伝達訓練 飯田市
「あじまっ鼓」が太鼓発表会開く 国交省飯田国道事務所が地震防災訓練
マス池利用の天然リンク、児童らスケートに歓声 旭松食品と契約栽培大豆 戸別所得補償で初の検査
上村小が松尾小と初の交流学習 交通弱者の安全確保へ 上郷地区で祈願祭営む
高森北小4年生が「天伯峡」で幼虫1000匹放流 飯伊地域小学生以上の障害者対象のサッカー教室開く
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧