制服まとめ
不登校の小中生居場所づくりに「適応指導教室」 京都・南丹市 : 京都新聞 「いす-1」にトロフィーできた 大学生ら制作、大会で授与へ : 京都新聞
いじめ対応が不適切と提訴、奈良 小学女児、市に賠償請求 : 京都新聞 准看護師強殺、遺族「極刑望む」 裁判員裁判で母親と姉が意見陳述 : 京都新聞
森友学園、籠池夫妻が無罪を主張 補助金詐取の罪、大阪地裁初公判 : 京都新聞 女子中学生に「豚汁食べたら共食い」 教諭が暴言、滋賀 : 京都新聞
難易度「例年並み」倍率は1・02倍 京都・公立高中期選抜 : 京都新聞 「かわいい和の庭」高校生のデザインが全国受賞 鳥が来る木配置 : 京都新聞
学校保管の考古資料活用へ 京都・公立博物館などが支援 : 京都新聞 リクシル、災害時対応のトイレ 少量の水で洗浄 : 京都新聞
7歳女児虐待疑いで男逮捕、茨城 同居女性の長女を : 京都新聞 子ども20人にわいせつ疑い キャンプ引率、就寝時間帯 : 京都新聞
不登校の小中生居場所づくりに「適応指導教室」 京都・南丹市 : 京都新聞

 京都府南丹市は不登校の小中学生を対象に「適応指導教室」を4月から開設する。教室の管理運営費として600万円を、2019年度一般会計当初予算案に盛り込んだ。同市園部町の市国際交流会館で週4日開き、不登校の児童生徒の居場所づくりにつなげていく。

 市教委によると、小中学生約20人が学校に通っていないという。府内で開設が進む同教室の実施に向けて17年度から調査研究を始めた。昨年7月から園部公民館で試行的に同様の教室を週2日開いている。

 同教室では教員免許などを有する指導員2人が子どもたちの学習活動を支援するほか、もの作りや運動などを行う。臨床心理士の相談日も設定する。

 市教委学校教育課は「自立を目指して支援していく。子どもたちのケアとともに、学校と連携しながら運営したい」とする。

風越登山マラソン開催 小中連携・一貫教育推進委員会開く
職業訓練校の技能展に800点 多彩な技の結晶一堂に 7歳女児虐待疑いで男逮捕、茨城 同居女性の長女を : 京都新聞
親元離れて近所の農家へ 三穂小で農業宿泊体験 飯伊各地で衣替え
和歌山大の尾久土教授が世界初の全天周4Kビデオ撮影 上郷小6年が古代生活を疑似体験~野底山でまき割
高森南小 「奇跡の桜」が花開く  飯田線の伊那谷4駅が無人化
天龍中で初夏の風物詩プール開き 「キッズ山本大作戦」成果じわり、入学予定児童数9人増
市庁舎整備事業 上久堅を皮切りに市民説明会始まる 清内路が小PTA準会員制導入~地域との関わりを~
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧