制服まとめ
中学校でスクールランチから業者撤退、教員が買い出し : 京都新聞 児童生徒数、事故前の11% 10市町村の原発旧避難区域 : 京都新聞
野球部員が盗撮、対外試合禁止 甲子園準優勝歴の京都成章高 : 京都新聞 教員の働き方改革でPR動画公開 文科省、過労死遺族も参加 : 京都新聞
空き店舗をアートに活用 福知山に「シンマチサイト」 : 京都新聞 社説:籠池夫妻の裁判 疑惑の核心に迫れるか : 京都新聞
竹の茶室公開制作、放置竹林活用法考えよう 京都で催し : 京都新聞 千葉小4虐待死、父を3回目逮捕 児相保護前の暴行疑い、千葉県警 : 京都新聞
知らぬまま病院でいきなり断種 「仕方ない」諦めの手話に思い : 京都新聞 拉致問題で地村さんが講演、福井 家族高齢化「早く救出を」 : 京都新聞
ミニバイク免許試験、合格が一転不合格に 採点ミスで謝罪 : 京都新聞 岐阜で震度4の地震 滋賀・東近江で震度3 : 京都新聞
中学校でスクールランチから業者撤退、教員が買い出し : 京都新聞

 滋賀県の草津市教育委員会は、弁当を持参できない中学生が業者に昼食を注文する「スクールランチ」を本年度で終了する。委託業者から撤退の申し出があったためで、4月以降は各校で個別に対応する。市教委は2021年の2学期から中学校給食を再開する方針を示している。

 草津市内6中学校の昼食は弁当を持参することが基本だが、家庭の事情でコンビニなどで購入する生徒もいるため、10年度からスクールランチを導入。栄養バランスやカロリーに配慮したメニューが300円で利用でき、17年度は3103食(1校当たり1日2・6食)の注文があった。

 市教委スポーツ保健課によると、大津市内の委託業者が採算性やメニューを考案する栄養士の確保が困難であることを理由に撤退の意志を伝えた。他の業者とも交渉したが、食数などの条件面で折り合わなかったという。

 新年度から、弁当を持参できない生徒がいる場合は、教員が買い出しに行ったり、出入り業者に弁当を注文したりして各校で対応するという。同課は「昼食をとれない生徒が出ないよう丁寧に対応する」としている。

品川の児童らリンゴ収穫体験 OIDE長姫の第1回の文化祭開催へ
ヌーベルファームのパイプハウス来月稼働 泰阜村 千栄小4年生が炭焼き窯でピザ焼き
松尾代田で寺子屋始まる 飯下建設組合が木工教室 ものづくりへ興味醸成
遠山の霜月祭りが開幕 飯田で就職面接会開く
トヨタ自動車の伊原副社長が講演会 高森町が南信高森開発と協定
平谷小で平谷祭開く 大鹿村で三遠南信ふるさと歌舞伎交流
竜峡・竜東中が三ケ日のミカン狩り体験 リニア見据えた地域づくり講演会開く
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧