制服まとめ
「かわいい和の庭」高校生のデザインが全国受賞 鳥が来る木配置 : 京都新聞 学校保管の考古資料活用へ 京都・公立博物館などが支援 : 京都新聞
リクシル、災害時対応のトイレ 少量の水で洗浄 : 京都新聞 7歳女児虐待疑いで男逮捕、茨城 同居女性の長女を : 京都新聞
子ども20人にわいせつ疑い キャンプ引率、就寝時間帯 : 京都新聞 高2自殺で部活顧問を提訴 北海道、指導原因と両親 : 京都新聞
中学校でスクールランチから業者撤退、教員が買い出し : 京都新聞 児童生徒数、事故前の11% 10市町村の原発旧避難区域 : 京都新聞
野球部員が盗撮、対外試合禁止 甲子園準優勝歴の京都成章高 : 京都新聞 教員の働き方改革でPR動画公開 文科省、過労死遺族も参加 : 京都新聞
空き店舗をアートに活用 福知山に「シンマチサイト」 : 京都新聞 社説:籠池夫妻の裁判 疑惑の核心に迫れるか : 京都新聞
「かわいい和の庭」高校生のデザインが全国受賞 鳥が来る木配置 : 京都新聞
デザインした庭の前で受賞を喜ぶ田畑さん(南丹市園部町・農芸高)
デザインした庭の前で受賞を喜ぶ田畑さん(南丹市園部町・農芸高)

 「全国造園デザインコンクール」で京都府南丹市の農芸高3年田畑幸さんが特別賞の日本造園建設業協会会長賞を受賞した。大学生や一般から応募が相次ぐ中、庭の計画、施工、利用が最も優れているとされた。音楽をテーマに水琴窟や鳥が来る樹木などを配し、音が鳴る「かわいい和の庭」に仕上げた。

 同コンクールは45回目で、日本造園建設業協会が主催、5部門に全国から409作品が寄せられた。田畑さんは作品「RA―SHI―SA」で実習作品部門で入選し、全部門から1校、7作品が選ばれる特別賞にも輝いた。

 作品は自身が好きな音楽をテーマに縦10メートル、横5メートルの区画に、地中に埋めたドラム缶が鳴る水琴窟を制作。大きなサルスベリの木に、風に揺れて音が鳴るイヤリングをイメージした網鉄筋をぶら下げ、さえずる鳥が来るように実がなるムラサキシキブやクロガネモチを植えた。ウッドデッキはピアノの形に仕上げ、ハープを思わせる雪つりも造った。

 田畑さんは造園コースに所属し、昨年9月から同級生や教員と一緒に庭を造った。「受賞はびっくりした。みんなで形にした庭」と語る。今春から造園デザインの専門学校に進む予定で「絵を描くのが好きで造園を選んだが、学ぶとすごく楽しかった。住宅の庭もデザインしてみたい」と夢を膨らませていた。

選抜準優勝の履正社を迎え招待試合 大宮諏訪神社の秋季祭典開催
飯田ロケの「オレンジ」「母と暮せば」 12日から同時公開 飯田でふれあい広場始まる
龍江かるた大会で地域学ぶ 夢をあきらめずかたちに、阿智中が県ロボコン大会で大賞
松尾小6年生が古墳を見学 空き店舗をアートに活用 福知山に「シンマチサイト」 : 京都新聞
学校保管の考古資料活用へ 京都・公立博物館などが支援 : 京都新聞 豊丘で健康ウオーキング開催
高陵中3年が通学路美化に汗「地下歩道をきれいに」 人形劇フェスタに向けて準備
「村に良い年迎えよう」下條匠の会が門松作り 北部5町村議会が研修会開く
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧